山犬の小屋

アクセスカウンタ

zoom RSS メガテン3 マニアクス進行状況その8

<<   作成日時 : 2010/01/25 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まさか、ここまで長編シリーズになるとは(゚д゚;)

山犬は宗教などではなく、「昔話」や「民話」などの延長で「神話」みたいなストーリー性のあるものが好きだったりします。

例えば、日本なら「日本書紀」とか「古事記」だったり、インドの「ヒンドゥー神話」だったり、よくごっちゃになってしまう「北欧神話」や「ギリシャ神話」だったり・・・

なんで?って言われると答えられないんですが、こういうお話しを聞くのが好きなんですね。

で、気が付いたんですが、今例としてあげたのは全て「多神教」の神話など。

「多神教」というのは、日本の「八百万の神々」などに代表されるような神様が多数いる宗教です。

これは私なりの見かたや解釈なのですが、この「多神教」の好きなところは神様がたくさんいて、それぞれの神様がそれぞれの仕事(役割)についているところ(・∀・)/

そして、それぞれの神様は万能ではなくて「妙に人間らしい」ところが好きだったりします。

例えば天照大神が天の岩戸に閉じこもるエピソードとか・・・専門家の方が見たら怒られそうだけどあくまで私の見た印象なので勘弁してください|д・) ソォーッ…


その人間らしさに魅力を感じるせいか、「一神教」の宗教は少々取っ付き難い印象を感じます・・・



話しを本編へ

レッドライダーを討ち取り、次はオベリスク攻略に向かいます。

まずは銀座に移動、街の東側にある高速道路に入り、ベイブリッジを通ってグルッと回りこみます。

そして、「ニヒロ機構第二エントランス」に到着(・∀・)/

どうやら地下の中枢の部分で本部とも繋がっているようですね。

広大な地下施設を抜けていくと、一体どのくらい続くのだろうと不安になる直線通路。これを走り抜けます。

そしてその先のエレベーターを登ったところで「マルノウチエントランス」に到着しました。

ここでセーブしいざ外へ(・∀・)/


外に出ると既に目の前に「オベリスク」がそびえ立っています。


中に入ると、高さもさることながらかなり広い・・・構造は大きなサイコロ状のブロックの組み合わせのようになっているようです。

しかし、既に主人公君のお供三人は既にこのゲームの最終番で渡り合える強さのお歴々です。
襲い掛かってくる悪魔たちを蹴散らしながら上へ上へと快進撃が止まりません(・∀・)/

結局、ものの数分で塔のほとんどを攻略、中ボス戦に臨みます。

「鬼女クロト」、「鬼女ラケシス」、「鬼女アトロポス」(ギリシャ神話の運命の3女神)

それぞれが回復役、補助+打撃役、魔法攻撃役と役割のはっきりした敵でしたが・・・


如何せん主人公君パーティーのほうが役割徹底してた(・∀・)/

ここでも無難に勝利を収めてほぼ攻略完了(^o^)/

天井から明かりが差してるのでそこから上に登ります・・・


あがってみるとそこには、主人公君の担任「裕子先生」上下逆さで浮かんでましたΣ(゚д゚;) オォ!?


どうやら、裕子先生の体を媒体にしてマガツヒを集める仕組みだったようです。主人公君が手を差し伸べるとゆっくりとその場から開放されました。(・∀・)/

話しを聞くと「創世の巫女」とか「創世の中心」などと煽てられ、結局マガツヒ集めの道具になっていたようです|д・) ナニヤッテンノ…

先生は最後に「私はここで私の神に出会った」などといい始めます・・・そして・・・

先生が主人公君に背中を向けたとき、異変は起きました。

周囲が薄暗くなり、先生の体が激しく痙攣しています。そしてこちらを振り向くと・・・



先生の顔にコウモリマークみたいのがついてるヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!


なんか、アラディアとかいうものに憑依されたようです(´;ω;`)ウゴキガコワイ

そして「自由という名の愚か者よ」とか「自らを由とせよ」とか言い残して先生ごと消えてしまいました・・・


・・・なんだかよく分からない最後でしたが、オベリスクはとりあえず攻略したので一度浅草に帰り、聖さんに報告します。
すると、「アマラ経路の中で勇君を見た」ということです。そして、目撃した周辺まで送ってくれるそうです。

とりあえず勇君は後回しにして、浅草の街へ。まず、高価なアイテムを売っぱらってお金を作り、悩んだ末に「堕天使フラウロス」(ソロモン王72柱の魔神の一人、地獄の大公爵)

これもリリス並みに強いですね。

さらに、「天使ソロネ」をイケニエささげて、ティターニアを強く作り直しました。

この時点で、主人公君がいなくてもこの三人でラスボスも倒せるくらい強くなってます(・∀・)/

街にいたマネカタに話しを聞いたら、街の奥のほうが復興したらしいので行ってみることにしました。

到着して近くのマネカタに話しかけると、復興したはいいけど奥のほうは「地霊」がいっぱいだったらしい・・・地霊側は共存OKということらしいので問題は無いようです。

中にいた「地霊カハク」(漢字で花魄、中国に伝わる木の精の一種)に話しを聞いたら、池袋に人間の男が現れたという情報を得ます。ついでにマネカタからは「フトミミさんからお告げがある」ということなので先にミナフシロへ行ってみます。

そして、ミナフシロ・・・
フトミミがマネカタを集めてお告げを話しています。
「代々木公園においてマネカタに災いをもたらす邪悪な力が生まれようとしている」とのこと(・∀・)/

そんで次に池袋に行ってみます。

旧マントラ軍本営前まで行くと、氷川さんがいました。一人で・・・

主人公に気が付くと長々と自分の「コトワリ」について話し出します。

「人はみな世界の一部であって、世界はただ静寂であればいい」こんな感じだったっけか?|д・) ソォーッ…
あんだけ主人公君を酷い目にあわせてきたのに「君もそう思わないか?」同意を求めてきました

意味分かんないし、そり込みが嫌いなのでここはお断りします。(・∀・)/

捨て台詞を吐きながら氷川さんはその場を去りました・・・


さて、次に面白い情報が無いかと思い渋谷のディスコにいってみます。

相変わらず思念体で混みあっていましたが、その中で一つ情報が・・・

「渋谷のセンター街で、煌天のときにサバトをやってる連中がいる。ご立派な悪魔を呼ぼうとしてるらしい」とのこと。

一旦、地下街から出て煌天になるのを待ってからセンター街に移動してみました。

建物の入口から中に入ると・・・いましたマネカタさん。それと儀式を行なっているのは「邪神バフォメット」(キリスト教の悪魔の一人で、黒ミサを司る)。


マネカタたちは「自分たちを馬鹿にした奴らに復讐してやる」、「ご立派な悪魔、マーラ様を呼び出してみんなケチョンケチョンだ」と息巻いています。

ところがバフォメットさんは「マーラ様はご立派な悪魔、呼び出すには念入りな準備が要りまーす。今は呼び出すときではありませーん。」と時間がかかる様子。

マネカタたちは「何言ってんだ早くしろ。そこの悪魔のオニイさんからも言ってくれ」と賛同を求めてきます。


ここは「ご立派な悪魔」が早く見たいので主人公君もバフォメットを急かすことに・・・

渋々儀式を始めるバフォメット・・・怪しげな呪文を唱えると、魔方陣の中心に何かが召還されました・・・

出てきたのは・・・巨大スライム・・・

どうやら、不十分な準備が祟って、ご立派な悪魔「マーラ様」はスライムのような不完全な姿で召還されてしまったようです。

それにしてもヴィジュアルがとっても大人な感じですΣ(|||▽||| )

マーラ様は不完全に呼び出されたことを怒っている様子で、「・・・・ギギ・・・キサマラ・・・・ヨクモッ!」っとなぜか主人公君たちに襲い掛かってきましたヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!


「魔王マーラ」(インド神話の魔王?)

冥界破という強力な物理全体攻撃を持ち、さらに自分がピンチになると回復スキルで全回復してしまう。普通に戦う分にはとても嫌な人です。

ステータス異常を引き起こす攻撃に気をつけながら、相手の防御力を下げ、味方の攻撃力と素早さを上げて下準備完了(・∀・)/

フラウロスの持つテトラカーンという相手からの物理攻撃を反射するスキルを使っておきます。

すると、マーラ様が冥界破をかける、メンバー4人分への物理攻撃が全てマーラ様に跳ね返る。

そして次のターンで噛み付く、引っ掻くの暴行を加えて駆除完了(・∀・)/


新たにマガタマをゲットしました(^o^)/

戦闘が終わって部屋を見渡すとマネカタやバフォメットは既に逃げていたようでした・・・


次は代々木公園に行く前にアマラ深界へ寄り道してきます(・∀・)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メガテン3 マニアクス進行状況その8 山犬の小屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる