山犬の小屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲームソフト買ってみました(・∀・)/

<<   作成日時 : 2010/01/19 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最近、夜に時間があるとエアガンいじりばっかりやっていたので気分転換に久しぶりにゲーム買って見ました(・∀・)/

気になるタイトルはプレステ2用ソフト 「真・女神転生3マニアクス」です。

実はずいぶん前にも持ってたんだけどね・・・最近おじさん化している山犬には今流行のゲームはよく分からないのさ(つ∀-)


ざっと内容を説明すると「主人公」は普通の男子高校生で、たぶんお休みの日にクラスメート二人と待ち合わせして入院中の学校の先生をお見舞いに行くところから始まります。(ちなみに舞台は東京で、病院は新宿)

病院に到着すると中にはなんと人の気配がまるで無い・・・ここからちょっとホラーテイストになってきます。

主人公君はクラスメートがどっからか入手してきた「職員用pass」を使って地下室を一人で探索しに行きます。

ちなみにこの主人公君、いつも無表情で元気に走り回るんですが、この病院の地下室・・・なんか荒らされた感じがあります。ところどころに書類やらダンボールが散乱して、何かを引きずったような血の跡もあったり、部屋に入ると悪魔でも召還するような儀式のセットまであったりしますが無表情です。|д・) ソォーッ…

そしてある部屋に入ると「変なスーツ」「すごいそり込み」の男と出会い、分けわかんない話しをされた後に殺されかけますヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

ここで主人公の担任の先生が登場!そり込み男を説得してくれてなんとか殺されずに済みますが、やっぱりわけの分からない話しをされて、「屋上に来い」と言われます。


そして、先生を追っかけて屋上に行こうとするとエレベーター前で「喪服を着たバァちゃん」と同じく喪服の「金髪の子供」と遭遇、なにやら主人公君が気になるとか今は忙しいとか一方的にしゃべって消えてしまいます。

そんで屋上、先生と二人きりですが相変わらず訳の分からないことを言われた後に周囲に変化が・・・

なんか「黒い雷」が落ち始めて周りが薄暗くなり、遠くの地面が空に向かってせり上がり始めます。

そこで主人公君ブラックアウト・・・気が付くと主人公君目線の画面に切り替わり、目の前には喪服のバァちゃんと金髪の子供が・・・このときの主人公君目線で瞬きするのが生々しい(・∀・)/


そしてなんか、バァちゃんが体を押さえ付けながら「力をやる」だの「痛いのは一瞬だ」だの訳分かんないこと言いながら目の前に「変な虫」を持った子供が迫るヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
(多分このとき主人公君は地面に倒れている状態で押さえ付けられていたみたいです)

子供が手を離すと「変な虫」は主人公に向かって牙を広げながら落ちてくる・・・
そして「グチャッ!」「グチョッ!」「ブチャッ!」嫌な効果音を立ながら主人公君の体の中に入ってくる(たぶんね(・∀・)/)「変な虫」

このとき主人公君目線なので画面の端には血走った血管が浮き上がってます。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?


そして気が付くと病院の地下室にあるベットの上で目を覚ます主人公君。

もちろん夢だったわけも無く、首の後ろに「ヒレのような角」のある全身「ブルーと黒の刺青のような模様」が入ったスタイリッシュな悪魔になっています。


ここまでがゲームが始まってから物語が動き出すまでの「オープニング」の部分です。

そう、このゲーム、「オープニング」で世界が滅びてしまいます。Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

このあと主人公君は苦労の末にこの病院を脱出。外の世界を目の当たりにします。(実際には病院の窓からも確認はできますけどね)

そう、世界が滅んで東京が丸くなったのです。
ちなみに丸くなったとは言っても地球みたいに外側にいるんじゃなくて内球状(空気で膨らんでるサッカーボールみたいなものの内側ね)になったってことですね(・∀・)/


ちなみに生き残った人間(って言うかまっとうな生物)は主人公君(既に悪魔だけど)、担任の先生、そり込み男こと氷川さん、クラスメートの千晶ちゃんと勇君、それに主人公君が病院に行く前に立ち寄った代々木公園で出会ったオカルト雑誌の編集者の聖さんの6人です。(いきなり数十億人が滅んじゃうすごいゲームですね)


そして、変わり果てた東京には人間に代わる生き物(?)が跋扈しています。
一つは「悪魔」とひとくくりで呼ばれる世界中の神話や宗教、民話などに登場する神様だったり怪物だったり、亡霊だったりまたは妖精だったり。

もう一つは、誰が何のために何時造ったんだかわかんないけど、人間を真似て泥から作られた「マネカタ」という人?たち・・・ちなみに彼らは物語中で大事な部分にも関わってきますが、基本的に搾取される弱者として登場しています。(山犬の視点ではイライラするところもあるけど、どんだけひどい目にあってもめげずにノー天気なところは結構好きです)

さて、遅くなったけどこのゲームの目的は、一度滅ぼされた世界を新たに創る「創世」にあります。
実はこのゲームには普通の「3」と今回山犬が買った「3 マニアクス」の2種類あって「3」はこの「創世」が目的。
「マニアクス」はそれにもう一つのシナリオが追加されています。

氷川さんは世界を滅ぼした張本人で、理想とする世界の明確なビジョンを持ちつつ「創世」を目的に動いています。

一緒に巻き込まれたクラスメートの千秋ちゃんと勇君も変わり果てた世界を彷徨ううちに「創世」を行う事を決意し、徐々に動き始めます。

ちなみに先生は世界が滅んだ直後から行方知れずで中盤以降に再登場します。(これは次の機会に)

主人公君と聖さんはタッグを組んで変わり果てた世界を手探りで前に進みます(中盤くらいまでね)


長くなりそうなので今回はここまでにして、ゲームの進み具合に応じて紹介していきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
プレステのゲームはすごくリアルですよねo(^o^)o山チワワはDSしか持ってないからいいなぁ\(^-^)/山犬さんのゲームソフトのストーリーがブログからすごくリアルに伝わって山チワワドキドキしましたよ(((^_^;)今後のストーリー展開も気になります(^_^;)また来れたら来ますね山チワワでした(^^ゞ
かおりん
2010/01/19 20:56
文章で自分なりのストーリー説明すると長編になってしまうもんですね。
ちなみにこれは山犬なりの解釈なんですが、いろんな宗教の神様だったりその神様に仕えるような存在の者も全部ひっくるめて「悪魔」としているのはキリスト教の影響ではないかと思います。
その昔、欧州の国々がキリスト教を広める際に、元々その土地にあった宗教を「邪教」としてしまったりその宗教の神様を「悪魔」として貶めてしまったこと(キリスト教やイスラム教は一神教のため他の神の存在は認められないそうです)からきているのではないかと思います。

余談でした(・∀・)/
山犬
2010/01/20 14:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲームソフト買ってみました(・∀・)/ 山犬の小屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる